弊社のカスタムプロジェクターは一般向けだけでなく、工業用向けの開発もおこないます。プロジェクタのカスタマイズの基本的な仕様は以下の通りです。

少量多品種に対応いたします

  • 小型、モバイル(バッテリ内蔵)を作成する
    • 輝度が100ルーメン~800ルーメン程度のプロジェクター
  • 光学系エンジン
    • DLP方式か
    • LCOS方式
  • 入力データはHDMI、USB、各種無線で、外部へのトリガ信号等も要求に応じ出力する

カスタムプロジェクターは次の2つのタイプで作成いたします。

1 既存プロジェクターの改造

レンズ部分の交換
  • 光学エンジンはそのまま利用
  • 制御回路の変更&追加
  • 各種インターフェース追加・変更
  • 駆動時間の延長:バッテリ容量変更
  • システムへの組込用に変更する
  • ケースも作成して提供可能です

2 フルカスタム機器の作成

光学ユニット
  • 光学エンジン方式指定
  • 輝度:100ルーメン~800ルーメン程度
  • 各種インターフェース
  • 各種制御信号
  • 供給電源及び、電源制御回路
  • ケースも作成して提供可能です

その他、設置場所に応じたプロジェクターの改造

プロジェクターの改造

プロモーション用プロジェクターの作成

プレゼントに使う景品の作成も可能です。
  • 明るさを2段階に変更可能
  • 連続使用を2時間:大型バッテリを搭載
    • 映画などをバッテリ駆動で見たいため
  • 温度保護回路を搭載
    • 内部温度が熱くなると自動的に電源をオフする
  • RGBコネクタとビデオコネクタを一つにまとめた
RGBコネクタとビデオコネクタを一つにまとめることができます。

DLP(Digital Light Processing)とは、デジタルミラーデバイス(DMD)を用いた映像表示システムのことで、米国テキサス・インスツルメンツ登録商標である